ページトップ
医療法人・林外科医院の携帯サイトはこちら

医療法人・林外科医院

福岡県宗像市田久4-15-12

0940-33-5577

メールアドレス

診療時間

月-金  9:00~12:30
      14:00~17:30

土    9:00~12:30

休診日 日・祝祭日

※その他当院の都合により
休診、代診の場合があります。

Home > ジオン注硬化療法

ジオン注硬化療法

ジオン注硬化療法(ALTA法)

「ジオン注」硬化療法(ALTA法)とは「切らずに治す痔の治療」です。 排便時に出たり、普段から出たままになっているような内痔核に対して、注射で治す方法で す。手術と同等の治療効果に加え、出血や痛みも少なく注目されています。当院ではこの治 療を日帰りで施行しており、主婦の方やサラリーマンの方々に喜んでいただいております。 どうぞ、お気軽に痔の悩みについて、ご相談ください。

『ジオン注』 硬化療法(ALTA法) について

『ジオン注』硬化療法(ALTA法)とは『切らずに直す痔の治療』です。

ジオン注は肛門外に脱出する内痔核(排便時に出てくる、 あるいは普段から出たままになっているようなイボ痔)に 対する注射治療薬です。 手術と同等の治療効果に加え、 出血や痛 みも少なく注目されている治療方法です。 投与後、痔核に流れ込む血液の量が減り、血液 が止まり、 次第に投与された部分が小さくなり支持 組織が元の位置に固定し、脱出が見ら れなくなります (1週間から1ヶ月)脱出や肛門のまわりの腫れがなくなります。

ALTA法

ジオン注のメリット

1.痔核の痛みがない部分に注射しますので傷口が痛むということがありません。
2.傷口が無いので出血はほとんどありません。
3.投与後、翌日から排便、入浴が可能です。
4.仕事は翌々日(場合によっては翌日)から可能です。
5.手術に比べて費用が安く、切らずに注射1本で治療します。

『ジオン注』硬化療法(ALTA法)とは『切らずに直す痔の治療』です。

日本人の3人に1人は痔で悩んでいるといわれています。 痔には大きく分けて「いぼ痔(痔核)」、「切れ痔(裂肛)」、「あな痔(痔ろう)」に 分けられていますが、それぞれ症状は異なります。
いぼ痔:おしりの血行が悪くなり、血管の一部がこぶ状になった状態です
切れ痔:肛門の皮膚が切れたり裂けたりした状態です
あな痔:肛門の周りに膿がたまって、外に流れ出るトンネルが出来た状態です

ALTA法

痔の患者さんの中でもっとも割合が高いのは「いぼ痔(痔核)」です。
いぼ痔はさらに、直腸側にできる「内痔核」と肛門側にできる「外痔核」に分けられます。
本剤は排便時、あるいは普段からイボが出たままになっているような「脱出を伴う内痔核」に対して、 切らずに注射による治療を可能にしたお薬です。

新しい内痔核硬化療法剤 について

本剤による治療では、有効成分を痔核内に投与することにより痔核を硬化/退縮させます。
この方法は、従来より手術適応である「脱出する内痔核」についても効果があり、 新たな痔核治療の選択肢の一つとして最近加わりました。 注射療法による治療のため、内痔核を切らずに脱出と出血を治療します。 痔核を切り取る手術と違って痔核の痛みを感じない部分に注射するため、「傷口から出血する」、 「傷口が痛む」といった患者さんの身体的・精神的な負担が軽減されます。 また、入院期間も短縮でき、社会生活への早期復帰が期待できます。

ジオン注とはどのような薬でしょうか?

●有効成分は硫酸アルミニウムカリウム水和物とタンニン酸です。
  痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬くして粘膜に癒着・固定させる作用があります。

※硫酸アルミニウムカリウム水和物…出血症状や脱出症状を改善します。
※タンニン酸…硫酸アルミニウムカリウムの働きを調節します。

有効成分の頭文字からALTA(アルタ)とも呼ばれます。
※Aluminum Potassium Sulfate Hydrate・Tannic Acid

四段階注射法 について

本剤は「四段階注射法」という特殊な手法で投与されます。
具体的な治療の流れは次のようになります。
まず、当院を受診していただき、痔の状態を診察させていただきます。
実際の施注は、肛門を取り巻く括約筋を麻酔で緩めます。この麻酔の目的は肛門の筋肉を緩めることですので、注射をする時の痛みは、チクチクとする程度ですが、施術中も感じます。
次に内痔核一つにつき、4ヵ所に順に薬液を注射します。だから、「四段階注射法」です。
痔核へ流れ込む血液の量が減り、出血が止まります。

四段階注射法

ジオン注を投与するとどのようになるのでしょうか?

投与後の早い時期に痔核へ流れ込む血液量が減り、翌日には出血が止まり、脱出の程度も軽くなります。

腫大していた痔核は次第に小さくなり、引き伸ばされていた支持組織も元の位置に癒着・固定して脱出がみられなくなります。 (1週間~1ヶ月)

●出血がみられなくなります。
●脱出や肛門のまわりの腫れがなくなります。

四段階注射法による治療を希望される場合

1. 術日の決定
当院では基本的に一泊以上の入院をお勧めしていますが、ご希望があれば外来での施注も可能です。 外来での施注の場合は、術前の準備などを含め、施注終了まで約2時間程度とお考えください。

2. 術前検査・・・・・施術のために必要な血液検査などを行います。

3. お薬の処方・・・施術当日に使用していただく下剤などを処方します。

施術後の受診

外来での施注の場合、可能な限り、施術翌日の受診をしていただきます。
その後は1~2週に1回程度で、3か月は経過を見させていただいています。
痔核は徐々に脱出の程度が軽くなり、注射療法後、1週間から1ヶ月くらいで脱出がなくなります。書くと簡単ですが、正しい場所に正確な量の薬液を注入するには技術と経験が必要です。ですから「四段階注射法」は大腸肛門病学会に所属し、痔核治療の経験が豊富で「四段階注射法」の講習を受けた医師のみが施行することができます。

▲ ページトップへ

Copyrights(C) 2008 All copy rights reserved Hayashi Surgical Clinic.& Altstarr Inc.
Web Designed by Altstarr Inc.ホームページ制作会社